家族葬における香典のマナーについて

なぜ家族葬に香典を持参するのか

なぜ家族葬に香典を持参するのか家族葬に参列する際、遺族から香典辞退の説明がない限り、一般的には香典を持参するのがマナーです。なぜ、香典を持参するのか、また、香典にはどのような意味があるのかご存知でしょうか。昔は誰かが亡くなるとお香を焚く習慣がありました。お香を焚いた時に出る煙はあの世とこの世を結ぶものであり、この世に残された人はその煙に故人への想いをのせ、故人はその煙を道しるべにしてあの世へ行けるものだと考えられていました。この考えは今でも存在し、故人の枕元で煙を絶やさないのは故人が迷うことなくあの世へ行くため、また、魂が徐々にあの世に行くための準備であると考えられています。

そのお香を少しでも長くもたせるために開発されたものが、線香です。線香が開発されたのは江戸時代です。それまでは焼香の時に使用するお香が使用されていました。では、香典についてですが、香典の香はお香の香になります。誰かが亡くなり、お香を絶やさずに焚いておくにはたくさんのお香が必要になります。そのお香を持ち寄ったのが、近所に住む方々です。昔はみな助け合いの精神があり、それぞれの家からお香を持ち寄ることで故人をしのんでいました。江戸時代になり線香が開発されると、お香を持ち寄ることがなくなりますが、その代わりに各自が気を利かして持ち寄ったのが金品であり、これが香典の由来です。

現代の香典返しは、香典をもらったのに何もお礼しないのは心苦しい、故人が生前お世話になったのだから、そのお礼を込めて何かしらの品をお礼として差し上げようという気持ちから香典返礼品、いわゆる香典返しが習慣化されました。この気持ちの根底にあったものは相互扶助です。そのため、もらった分をそのまま全額返すわけではありません。気持ちは有り難く頂き、もらった分の半分をお返しするという気持ちから、半返しとなりました。香典返しは家族葬を行う遺族の考え、地域、風習、宗教等によって異なりますが、目安は半返しです。香典返しに使用される品物はコーヒー等の飲料、洗剤、お菓子詰め合わせ、カタログギフト等が人気です。

香典返しの準備は初七日から忌明け法要までに行いますが、発送は四十九日法要の後、2週間以内が一般的です。当日返しで済ませる場合は、発送する必要はありません。中には、遺族の負担を考え、香典返しを辞退する方もいますが、遺族からの香典返しは遺族のお気持ちを優先し、受け取ることをおすすめします。

最新記事